未分類

漢方治療

漢方とは、そもそも中国大陸各地で行われてきた治療法の総称です。

中国では地域によって、植物など自然界のものから作られる漢方薬、鍼、灸など、医療行為
にばらつきがあったため、秦・漢の時代の時の皇帝によりまとめられました。
(「黄帝内経」〜コウテイダイケイ〜という世界最古の医学書がもとになっています。)

歴史の流れの中で、現在は原本は存在せず、一部の症例のみが残されています。
その医学情報が、5〜7世紀ごろに遣唐使や遣隋使により日本にもたらされました。

その後、日本の気候や風土風習、日本人の体質やライフスタイルなどによって、日本独自の
進化を遂げたものが、現在の漢方治療となっています。

「漢方」という名前は日本独自のもので、中国特有の医学「中医学」や西洋から渡来した
「蘭方(西洋医学)」と区別するための呼び方です。

漢方は、西洋医学のように「科学により理論だて、病気そのものを治療する」のではなく、
「古代自然哲学を元に、経験から導き出された証明を応用し、病気の人そのものにアプロー
チする」医療です。

体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく。

症状だけを診るのではなく「その人全体」を診察することで根本から治癒することを目
的としています。

漢方の適応となるのは以下のような例があります。

※対象者※

・機能的疾患で、検査をしても胃異常がなく痛みのみがある場合
・体質が原因となる疾患や病気
・高齢者や虚弱体質
・現代西洋医学の治療をしたものの改善がみられない場合
・現代西洋医学の治療による副作用でその後の治療が難しい場合
・心身症の傾向がある場合

 

漢方はとても奥が深く、定義や基本概念も多岐に渡ります。
ここでは、代表的なものをいくつか簡単にご紹介します。

1、陰陽
陰陽とは、この世のあらゆるものを「陰」と「陽」の二つに分類して物事をとらえる中国古
来の思想。

天と地・男と女・寒いと熱いなど。

人の体もこの陰陽のバランスが整っていると健康で、これが乱れると病気になる」という
発想です。

2、気・血・水
漢方では、人の体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されてい ると考えられています。

「気」は目には見えないけれど、心身におけるエネルギーの原動力 「血」は気をサポートして、全身の組織や器官に栄養を与える赤い液体 「水」は気をサポートして、体をうるおす無色の液体 大切なのは、この3つがバランス良くめぐっていることです。

3、五臓
自然界の代表的な「木」「火」「土」「金」「水」からなる物事の性質を分類した考え
方を人体に応用したもので、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」と分けられ、体を支える
ものとして重要視しています。

この他にも「証」「経絡」「経穴」「五臓六腑」などの定義があります。

「東洋医学」としても大きな存在感のある「漢方」

今後、具体的な治療法をご紹介していきます。

 

参考

・クラシエ薬品
http://www.kampoyubi.jp/learn/practice/index.html

・Kracie漢方セラピー
http://www.jsom.or.jp/universally/examination/index.html

・日本東洋医学会
http://www.jsom.or.jp/universally/examination/index.html

・漢方のツムラ
https://www.tsumura.co.jp/kampo/info/feature/

・薬日本堂株式会社
https://www.nihondo.co.jp/philosophy/kampo/

-未分類
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.